ひとりの声から、みんなの明日へ

子どもたちの未来を作る保育を

1968年、女性の自立を保障するために産休明けからの保育が始まりました。
女性が一人の人間として社会人として働き続けるためには、どうしても産休明け保育が必要だったのです。
それは乳幼児からの集団保育の可能性と必要性が問われることでもありました。
人間は集団の中で生きています。だから乳幼児期から集団で生活することが大切なのではないかと考えました。そして、大人も子どもも豊かな人間関係の中で育ちあうという理念のもとで、保育の実践と理想化がすすめられました。
また「産休明け保育を」という願いだけでなく、保育時間や保育条件など様々な要求が寄せられ、保育の充実に必死の努力がされました。
私たちのスローガン「ひとりの声からみんなの明日へ」は、一歩づつ歩み続けてきた精神を表しています。その基本的な考えのもと、すべての子どもたちの笑顔が輝くような保育をめざします。
杉の子会理事長 福元 孝子

ページトップへ