ホーム > 法人のあゆみ

法人のあゆみ

杉の子会のあゆみ

子どもたちが健やかに成長できる保育所を
働くお母さんが安心して託せる保育所を
働く女性の権利を守り、働き続けられる保育所を
これが杉の子会の設立目的です。
杉の子会はこんな道のりを歩んできました。

1968年6月8日 無認可共同保育所 杉の子誕生
働き続けるために、お母さんたちが集まって個人の家で共同保育所を開始。
1969年4月1日保育要求の高まりの中、みんなの力で家を買い取り40㎡の共同保育所へ発展。
保育者6名、子ども16名でした。
1974年1月 法人認可 杉の子保育園へと発展
より良い保育の追求と、働く女性の権利拡大のため認可保育所建設運動へ。
産休明けから2歳まで40名の認可保育所として発展しました。
1979年4月 太陽の子保育園の誕生
ますます深刻になる保育所不足の中で、働く女性の期待に応える保育所として就学前までの一貫した民主的保育の創造をめざし、第二杉の子保育園建設が推進されました。
卒園児、在園児の保護者をはじめ尼崎はもとより、県下各地の保育団体など多くの人々の力がこめられ建設されました。
その後、アレルギー食の実施、障がい児母子通園、延長保育、地域交流保育、子育て新聞発行、一時保育など要求にこたえる多様な保育実践をつくりだしてきました。
2001年4月 杉の子保育園定員増
保育要求の高まりにこたえ、杉の子保育園が増改築後3歳まで45名定員に増員。
2003年9月 太陽の子保育園分園誕生
かねてより子育て支援の必要性を痛感していた食満地域に太陽の子分園を誕生させました。
0歳から3歳まで30名の保育が始まりました。
2004年 杉の子保育園分園誕生(60名定員)
杉の子保育園が就学前までの保育を希望する声にこたえて近隣に分園を誕生させました。
そして就学前までの保育が可能になりました。
2006年4月 けま太陽の子保育園出発
太陽の子保育園分園が独立し、0歳~就学前まで31名定員のけま太陽の子保育園となりました。
2010年 杉の子保育園園庭増築
杉の子保育園隣の土地を買い取り、念願の園庭が誕生。
2011年4月 けま太陽の子保育園増築・定員増
増築し定員を40名定員に増員。
2012年 法人内3園すべてに太陽光発電システムを設置
2014年 杉の子分室建設
杉の子保育園近隣の土地を買い取り、分室を建設。
2014年9月 太陽の子保育園定員増(60名から70名へ)
2015年1月 けま太陽の子保育園幼児棟建設(50名定員)
保育園隣接した土地に幼児棟ができ、遊戯ホールもできました。
2016年3月 杉の子保育園竣工(84名定員)
園舎を改築・改修し、定員を84名にしました。
2016年4月 けま太陽の子保育園定員増(50名から60名へ)
2016年9月 杉の子保育園分園内部改修工事
2016年9月~ 太陽の子保育園大規模改修工事
2016年10月 NPO法人IPPOのさんぽ支援センターを社会福祉法人杉の子会へ
さんぽ支援センター事業譲り受け、障害福祉サービス事業を開始しました。

NPO法人IPPOのあゆみ

2003年6月 アートスペースIPPO出発
太陽の子保育園の障がい児を持つ親の会「虹の会」から生まれた組織です。
子供たちが、地域でイキイキと生きるための居場所や余暇を楽しむ場が欲しいという願いから誕生しました。
2005年12月 IPPO NPO法人取得
故・曽我部先生(元尼崎市小学校教諭)の基金をもとに法人を設立しました。
アートスペースIPPO・みんなの居場所GOHO・さんぽ支援センター・おもちゃライブラリーSHIHO・ひまわり広場・勉強の会roppo・パソコン教室・ピアノ教室の活動をしています。
ページトップへ